損害保険に関する用語の説明

か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・を・ん

か行

過失相殺(かしつそうさい)
損害賠償責任の額を算出する場合に、被害者にも過失があれば、その過失割合に応じて損害賠償責任の額が減額されることをいいます。

クーリング・オフ制度(くーりんぐ・おふせいど)
保険契約の取り消し請求権のことです。損害保険の場合には、保険期間が1年を超える長期契約について、契約の申込日からその日を含め8日以内であれば契約の取り消しができます。ただし、保険契約の申込み方法によっては、クーリング・オフの対象外となっているものもあります。

契約者貸付(けいやくしゃかしつけ)
積立保険(貯蓄型保険)を契約している期間中、急な出費により一時的に資金が必要になった場合、保険契約を解約することなく解約返戻金の一定範囲内で資金の融資が受けられる制度です。

このページ(損害保険に関する用語の説明)のトップへ

さ行

再調達価額 (さいちょうたつかがく)
損害が発生した時の発生した場所における保険の対象と同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再取得するために必要な金額(火災保険でいうと、現在住んでいる建物、または所有の家財と同等の物を新たに建築、あるいは購入するのに必要な金額)のことです。

時価(じか)
火災保険では、上記再調達価額から、使用による消耗分を差し引いた金額をいいます。自動車保険の車両保険では、保険契約申込み時点における市場販売価格相当額を指します。

自家用8車種(じかようはっしゃしゅ)
用途車種が、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車、特種用途自動車(キャンピング車)である自動車をいいます。

示談(じだん)
裁判によらず賠償額などを当事者間で交渉して決める和解契約のことです。

全損(ぜんそん)
保険の対象が完全に滅失した場合(火災保険であれば全焼、全壊)や、修理、回収に要する費用が再調達価額または時価額を超えるような場合のことです。なお、全損に至らない損害を分損といいます。

このページ(損害保険に関する用語の説明)のトップへ

た行

通知義務(つうちぎむ)
保険契約後に保険会社が定めた通知事項について変更が生じた場合に、保険契約者または被保険者が保険会社に遅滞なく通知しなければならない義務のことです。例えば、火災保険では住居を店舗に改造した場合、自動車保険ではご契約のお車の使用目的を変更した場合などに通知義務が発生します。

てん補(てんぽ)
保険事故によって生じた損害に対し保険会社が保険金を支払うことをいいます。

等級別料率制度(とうきゅうべつりょうりつせいど)
ノンフリート契約者の自動車に適用する割引・割増制度です。契約の事故の有無、事故内容、事故件数等により継続契約の等級および事故有係数適用期間が決められ、その等級および事故有係数適用期間に応じた割増引率が適用されます。

このページ(損害保険に関する用語の説明)のトップへ

は行

被保険者(ひほけんしゃ)
保険の補償を受ける人、または保険の対象になる人をいいます。保険契約者と同一の人であることもあり、別人であることもあります。

被保険利益(ひほけんりえき)
ある物に偶然な事故が発生することにより、ある人が損害を被るおそれがある場合に、そのある人とある物との間にある利害関係を被保険利益といいます。損害保険契約は損害に対し保険金を支払うことを目的とするため、その契約が有効に成立するためには、被保険利益の存在が前提となります。

保険価額(ほけんかがく)
被保険利益を金銭に評価した額、つまり保険事故が発生した場合に被保険者が被る可能性のある損害の額です。

保険金(ほけんきん)
保険契約により補償される事故によって損害が生じた場合に、保険会社が被保険者にお支払いすべき金銭のことです。

保険契約者(ほけんけいやくしゃ)
保険会社に保険契約の申込みをする人をいいます。契約が成立すれば、保険料の支払義務を負うことになります。

保険事故(ほけんじこ)
保険契約において、保険会社に保険金の支払い責任がある事故をいいます。例えば、火災、交通事故、人の死傷などが該当します。

保険の目的(ほけんのもくてき)
保険をつける対象のこと。火災保険での建物・家財、自動車保険での自動車、船舶保険での船体、貨物保険での貨物などがこれにあたります。

保険料(ほけんりょう)
保険契約者が保険契約に基づいて保険会社に支払う金銭のことです。保険契約の申込みをしても、保険料の支払いがなければ、補償されません。

このページ(損害保険に関する用語の説明)のトップへ

ま行

免責(めんせき)
保険契約の申込みに際して、補償されない(保険金が支払われない)事項を定める場合がありますが、これを免責または免責事項といいます。保険事故が発生しても、免責事項に該当する場合には補償されないので注意が必要です。

免責金額(めんせききんがく)
自己負担額のことです。一定金額以下の小さな損害について、保険契約者または被保険者が自己負担するものとして設定する金額をいいます。免責金額を超える損害については、保険金から免責金額を控除した金額を支払う方式と損害額の全額を支払う方式とがあります。

このページ(損害保険に関する用語の説明)のトップへ
 
サンユウトータルサービス
(株)サンユウトータルサービス
〒710-1201
岡山県総社市久代4078番地
TEL) 0866-96-0874
FAX) 0866-96-1241
営業時間 8:30~18:30
時間外・夜間の連絡先↓
TEL) 0866-96-0909